ワガママな労働条件を叶える再就職活動

子供が小学校に行くようになると、いままで専業主婦をしていた人達が再就職を考えだすようです。
でも、彼女達に働きたい条件を聞いてみると、かなりワガママな希望を言いたい放題。

・勤務地が自宅から近い事
・短時間勤務が可能な職場
・有給を取りやすい企業

「本当に働く気あるのか!」って突っ込みたくなりますが、当の本人は至って本気。
社会復帰できる最後のチャンスだし、自分の世界観も持ちたいのです。
でも、やっぱり家族が大事だからフルタイムで働く事は出来ないのです。

そんなジレンマを抱えながら考え付くのは、資格取得。

資格があれば、融通の利く勤務体系を実現できるのでは・・・
資格があれば、再就職も楽になるのでは・・・

そのような淡い期待を抱く人が多いようです。

再就職に有利と噂されている資格リスト

通信講座を開講している企業のHPをチェックすると、就職に有利な講座ランキングとか見る事が出来ます。
どこでも似たり寄ったりで、次のような資格です。

・医療事務
・介護事務
・MOUS
・社労士
・宅建

しかし、この情報を真に受けてはいけません!

主婦が再就職する時に障害となるのは、スキル不足ではありません。
もちろん資格がないからでもありません。

主婦の再就職で最大のネックになるのは、職歴不足です。

例え家庭に入る前までOLとして働いていたとしても、企業は職歴に3年以上ブランクがある人の採用は見送るのが一般的です。
その理由はちゃんと継続的に働いてくれるのかが怪しいからです。
企業側としては至極もっともな不採用理由です。

それではこの職歴を埋めるにはどうしたらいいのでしょうか?

再就職活動の第一歩は派遣登録から始める

職歴の穴を埋めるには、派遣スタッフとして働いてみる事です。
派遣であれば、冒頭に出てきたワガママな労働条件に合致する企業もたくさんあります。

・勤務地が自宅から近い事
・短時間勤務が可能な職場
・有給を取りやすい企業

正社員への要望が強いようであれば、紹介予定派遣制度を利用するのも手です。
この制度は正社員登用を前提とした派遣制度です。

次のコーナーでは、主婦の再就職に強い派遣会社を紹介します。

このページの先頭へ